何が本当なのか?

カラフルな錠剤

勉強しておきたいことといえば、低用量ピルによって起こり得る副作用のことにも注目しておきたいですよね。やっぱり医薬品の怖いところはなんといっても副作用ですから、今後安全に飲むためにも事前に勉強しておいた方が良いでしょう。では副作用には一体どのようなものがあるのか?よく低用量ピルに関してはさまざまな説があったりしますが、果たしてどれが本当なのかをここで解明したいと思います。まずよく言われてたりするのが低用量ピルによる肥満現象です。低用量ピルで太るとなればもちろん女性なら避けたいところですよね。実際にそれを信じて今でも避けている人がいたりしますが、現在では低用量ピルによって太ったりすることはまずないと言われております。そのため、低用量ピルによって肥満体になることはまずありえません。また、乳がんのリスクもあるという話がありますが、こちらに関してはまだちゃんと実証されていないので不明確な情報となります。ただ念のためにすでに乳がんの人で治療中の方は避けて通った方が良いでしょう。厳密に今低用量ピルではっきりあると断言されている副作用は主に心筋梗塞などの重い病気になります。これらは当然人によって発症率が異なりますが、主に喫煙者によくある症状だとも言われております。だからあなたが万が一喫煙者なのであれば、残念ながら低用量ピルは飲まない方が身のためでしょう。逆にまったく吸わない人だったら安心して飲み続けることをおすすめします。ちなみに一日15本以上吸う人はかなり高確率で出てくるとも言われてたりするので、絶対に利用しないでくださいね。